黒川温泉人気の貸切露天風呂「竹ふえ」へ行って来た。

黒川温泉竹ぶえ

黒川温泉の秘境白河源泉の人気温泉宿「竹ふえ」の日帰りで利用出来る貸切風呂のひとつ貸切露天風呂「竹の湯」を利用して来ました。
ちょうど行ったときはじゃらんで割引クーポンを利用して半額で入浴!

黒川温泉、白河源泉絶景の人気貸切露天風呂「竹ふえ」

宿泊の出来る宿ですが、泊まり客がチェックインするまでは、日帰りでの利用が可能っとなっています。
貸切露天風呂は予約制で、当日予約でもいいようですが、一応私たちは事前に電話で予約して向かいました。
「ようきなはった(よくいらっしゃいました)」という看板がある幻想的な竹林の中を通って、いざ受付へ♪

 

貸切露天3つのうち「竹林の湯」へ入りました。

黒川温泉竹ぶえ入口

 

石畳の階段を下っていくと、そこに受付のある建物がありました。
そこで、受付をしてお金を払い貸切露天風呂の鍵と各貸切風呂の入口に使用中の目印にかけておく木の大きなしゃもじもをもらいます。
入っている間は、そのしゃもじが利用中の目印になるようです。

 

黒川温泉竹ぶえの貸切露天風呂

階段を登ったところに、貸切露天「竹林の湯」の入口がありました。
なんと、その入口の横に素敵な休憩スポットがあります。
ちょっと乙女チックな気分になれる和傘が立てかけてあってとても素敵でした。
こんな癒しスポットがあると、日頃の疲れもふっとんでいまいそうです。
入浴前にちょっとくつろいでみました。
黒川温泉竹ふえの休憩スポット
階段を上った入口を開けるとちゃんとした脱衣所があります。
飲料水も消毒されたバスタオルも用意されていてとても清潔な脱衣所でした。

竹ふえ「竹林の湯」の脱衣所

 

そこで洋服を脱いで、いざ露天風呂へ。

100%源泉かけ流しの貸切露天風呂

階段を上ったので、今度はまた逆の入口から石段を下ったら素敵な露天風呂が!

「竹ふえ」の館内にはおもむきの違う貸切露天風呂が3つあって、今回利用したのが「竹林の湯」
どのお風呂も100%源泉かけ流しなので、お水ではいっさい薄めてないということなので、すご~くなめらかなしっとりしたお湯です。
黒川温泉竹ぶえ

友達と二人での貸切はもったいないくらいに広い!
家族4人くらいで来てもゆったり入れそうです。
「竹ふえ」という名にふさわしい「竹林の湯」に入ったので、まさに竹林の中の露天風呂。
天気もよかったので最高でした。

黒川温泉竹ふえ「竹林の湯」

 

※竹ふえの源泉は、温泉の中でもより医学的に治療効果の高い「療養泉」だそうです。
”三大美人泉質”といわれる炭酸水素塩泉・硫酸塩泉・硫黄泉のうち、炭酸水素塩泉と硫酸塩泉が含まれていて、 無色透明無味無臭のお湯は、ナトリウム分を多く含んでいるため、血圧を下げ、痛みを和らげる鎮静作用があるとのこと。

「竹ふえ」公式ページで泉質・効能などチェックする。

じゃらんで割引クーポンがあるときも多いので、お得に利用出来るときに利用するといいですね。
今度は食事付きでゆっくりお部屋にお泊りしてみたいと思います。
泊りの人は貸切露天風呂も無料で利用出来るようです。

 

【山荘竹ふえ 竹林の湯】

熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺5725-1
TEL:0570-064-559

45分1室3,000円(4名まで)
割引期間:9/1(月)~12/23(火・祝)
定休日:なし
除外日:なし
入浴時間:11:30~14:00(12:45分までに入浴終了)
予約:要予約
入湯税:込み
適用人数:4名
利用できる温泉:貸切風呂「竹林の湯」
タオル:バスタオル・フェイスタオルがレンタル無料
駐車車:11台

アクセス:大分道日田ICより国道212号線、442号線経由で1時間

>>竹ふえの予約はこちらから(じゃらん)

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR



 

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

Twitter


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

スポンサードリンク




ページ上部へ戻る